ホーム > よくある質問

よくある質問

何から相談したら良いのでしょうか?

相続に関する手続は、90種類ほどあり、財産の内容や相続人の状況によって必要な手続が異なってきます。
当センターの無料相談を受けていただければ、相談員が「いつまでに、何の手続を、どこに対して、どのように行えばよいか」のアドバイスいたします。
今すぐお気軽にご連絡ください。

相談をする際に家まで来てくれるの?お伺いした方がいいの?

当センターの相談員が差し支えなければ、直接お伺いさせていただきます。
遠方の方でもご相談いただきましたら、対応可能となっておりますので、今すぐお気軽にご相談下さい。

相続について気になることがあるけど・・・聞きたいこともあるけど・・・
どうすればいいのでしょうか?

まずは、当センターの初回無料相談サービスをご利用下さい。
事前にご相談頂いても構いませんので、お気軽にご相談下さい。

相続放棄をするにはどうしたらよいですか?

相続人が相続することになる財産には、預貯金等のプラス財産だけでなく、被相続人(亡くなった方)が、生前抱えていた借金等のマイナス財産も含めて承継しなければなりません。
もし仮に、被相続人の遺産が、借金の方が多ければ、残された相続人の生活が脅かされることになりかねません。そこで、相続が開始すると、相続人は被相続人の財産を承継するかしないかの選択を迫られますが、単純承認以外の選択肢(限定承認・相続放棄)を選んだ場合には、法律に則った手続が必要となります。

生前贈与ってなんですか?

生前贈与とは、文字通り被相続人が生きているうちに自分の財産を人に与える行為です。
自分の財産を、生前に贈与することで将来確実にかかる税金(相続税)を少しでも押さえるために利用されるいわば相続税対策のひとつとして利用されています。
注意すべきことは、生前贈与を行うにあたってご自身の財産状況をしっかりと把握しうまく活用しなければ、かえって、税金が高くついてしまう恐れがあることです。

夫の姉が妻である私に対し「弟の遺産は自分にも受ける権利がある」と主張しているのですが、どうなるのですか?
夫は遺言を残さずなくなりました。

被相続人が、遺言を残していた場合には遺言の内容が優先されますが、遺言を残してないとのことなので相続法に従い、法定相続人が相続することになります。
法定相続人は、妻・子供・夫の両親・夫の兄弟姉妹などが対象になります。法定相続人には優先順位があるため、必ずしも夫の兄弟姉妹が相続人としての地位を承継するとは限りません。妻であるあなたは常に法定相続人として、夫の財産を承継しますが、兄弟姉妹が法定相続人として遺産を継承するのは子(代襲相続も含む)や、夫の両親がすでに亡くなっていた場合です。

遺言を見つけたのですが、封印されています。開封してよろしいでしょうか?

封印のある遺言書は、公正証書遺言でない限り、勝手に開封してはいけません。
家庭裁判所で開封と検認という手続を行ってください。検認手続は遺言書の偽造などを防ぐために行われるもので、相続人等の立会のもとに実施されます。なお仮に検認手続を踏まなかったものとしても、それで遺言が無効となるものではありません。

遺産分割って何ですか?

遺産分割とは亡くなった方の遺産を相続人で分けることです。金銭だけならば平等に分けられるのですが、不動産や有価証券は簡単に分けられません。ですから「遺産分割協議」(誰がどの遺産を相続し、どう分けるかを相続人同士で話し合う)を行い遺産分割協議書を作ります。
その遺産分割協議書にしたがって各人が遺産の相続の手続をします。遺言書がある場合は基本的に遺言書に従わなければなりません。

相続手続はいつまでに何をしたらいいのでしょうか?

相続手続には期限が伴う手続が多々あります。
期限内に定められた手続を行わないと不利益を被る手続もありますので、必ず確認したほうがいいと思われます。
相続放棄・限定承認は3カ月以内。所得税の準確定申告・納税は4ヵ月以内。相続税の申告・納税は10カ月以内。
遺留分減殺請求は1年以内。


大きな地図で見る

住所
大阪府岸和田市別所町1丁目22番15号
最寄り駅
南海本線 岸和田駅 徒歩5分
営業時間
月~金 9:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら

新着情報

一覧を見る

2012/08/28

セミナー情報を更新しました!
9月にエンディングノートをプレゼントします。
希望者にはエンディングノート書き方セミナーにも参加していただけます。

2011/09/14

相続手続支援センター南大阪のサイトをリニューアル致しました。